慶長9年の地震

災害年月日
1605年02月03日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖の二箇所を震源とするM7.9の地震が起こった。佐喜浜に来ていた讃岐の僧・阿闍梨暁印の記録によると、津波のために佐喜浜で50余人、室戸岬・行当岬方面で400余人、甲浦で350余人、徳島県の宍喰で3,860余人の死者があった。
Googleマップ
備考
原資料では1605年1月31日となっているが、1605年2月3日に修正した。
参考文献
沢村武雄著「日本の地震と津波ー南海道を中心にー」(高知新聞社、1967年)、58頁及び63-67頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
慶長地震 津波 佐喜浜 阿闍梨暁印 死者
NO.
高知294

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖の二箇所を震源とするM7.9の地震が起こった。佐喜浜に来ていた讃岐の僧・阿闍梨暁印の記録によると、... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、地震(M7.9)が発生した。谷陵記によると、地震と津波で、佐喜浜で50余人、室戸方面で400人、甲浦で350人の死者... 続きを読む

慶長9年の地震

image

慶長9年(1604)12月16日、大地震が起こった。津波による死者は甲浦で350人余、佐喜浜で50人余、宍喰で1,500人余、室戸周辺で400人余など... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖で二元的な地震が起こり、東海、南海、西海の広範囲に被害が及んだ。土佐では白鳳地震と同様に地盤変動が... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、房総半島沖と土佐沖で二元的な地震が起こり、東海、南海、西海の広範囲に被害が及んだ。土佐では白鳳地震と同様に地盤変動が... 続きを読む