慶応2年の寅の水

災害年月日
1866年09月15日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
風水害  
概要
慶応2年(1866)7月末から降り始めた霖雨は、次第に大雨となり、8月7日夕方には古来稀な大水となった。吉野川は増水し、土地の高いところでも床上2、3尺、低いところでは天井に達するほどの浸水であった。この時の洪水の痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。茶室と板戸に残されたシミを見ると、床上2尺まで浸水したことが分かる。蔵珠院が建つ土地は周囲の畑よりも高く、その分を計算すると浸水深は3mにもなる。また、同寺の過去帳には国中で37,020人の男女や牛馬などが溺水したとある。
Googleマップ
備考
蔵珠院の前には洪水の水位を示す標柱が建てられている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
建設省徳島工事事務編「四国三郎物語-吉野川の洪水遺跡を訪ねて」(建設省徳島工事事務所、1997年)、32-33頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
洪水 寅の水 蔵珠院 過去帳 死者
NO.
徳島5993

よく似た災害

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)の寅の水により、吉野川沿いでは土地の高いところでも床上2、3尺、低いところでは天井に達するほどの浸水となり、蔵珠院の茶室には当時の... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月1日から昼夜を分かたず降り続いた大雨は、7日夕方ついに未曾有の大洪水となった。これが今も洪水史に残る「寅の水」である。徳島市国... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)7月末から降り始めた雨は8月5日より大雨となり、7日の夕方に大洪水を引き起こし、各所で堤防が決壊した。この時の洪水の痕跡が徳島市国... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月7日、「寅の水」と言われる洪水。徳島市国府町の蔵珠院の板戸には洪水痕跡が残されている。同寺の過去帳によると、痕跡は座上2尺で、... 続きを読む

慶応2年の寅の水

image

慶応2年(1866)8月5日から大雨が降り始め、7日夜に大洪水が発生した。この時の洪水痕跡が徳島市国府町の蔵珠院に残されている。痕跡は畳から2尺、寺の... 続きを読む