享保17年の干ばつ

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県四国中央市(伊予三島市)
災害種類
渇水  
概要
享保17年(1732)、未曾有の大干ばつとなる。今治藩では、7月13日に藩内12ヶ寺に干ばつと稲毛虫に対する祈祷を依頼し、7月19日には領内の稲作が不作のため、蔵にある米穀雑穀類などをいっさい他領に売ることを禁止するお触れを出すなどした。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊予三島市史編纂委員会編「伊予三島市史 上巻」(伊予三島市、1984年)、373-374頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 祈祷
NO.
愛媛487

よく似た災害

寛永20年の干ばつ

寛永20年(1643)4月下旬から6月にかけて、雨降らず大干ばつとなり、凶作のため餓死者が多数出た。 続きを読む

享保10年の干ばつ・強風

享保10年(1725)6月、7月、大干ばつ、蝗発生。9月4日、強風。凶作のため、高松藩士の禄10分の5を収めさせた。(「香川県気象災害史」、「香川県気... 続きを読む

享保14年の干ばつ・強風

享保14年(1729)8月、干ばつと強風が同時に襲ったため、保水力のない島内の農作物は枯死した。 続きを読む

享保3年の干ばつ

享保3年(1718)5月から75日間降雨なく、大干ばつとなった。 続きを読む

享保9年の干ばつ

享保9年(1724)5月から80日間降雨なく、大干ばつとなった。 続きを読む