享保17年の干ばつ

災害年月日
1732年00月00日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
享保17年(1732)、大干ばつのため、松山藩内10郡の代官の評議の結果、5月に川之内の雨滝神社、牛淵の浮嶋神社、北野田の三嶋神社が合同して「御面雨乞い」が行われた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
重信町誌編纂委員会編「重信町誌」(重信町、1988年)、254-255頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 御面雨乞い 雨滝神社 浮島神社 三嶋神社
NO.
愛媛921

よく似た災害

享保17年の干ばつ

享保17年(1732)、大干ばつのため、松山藩内10郡の代官の評議の結果、5月に川之内の雨滝神社、牛淵の浮嶋神社、北野田の三嶋神社が合同して「御面雨乞... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)8月、大干ばつにより雨滝神社で雨乞い。農作物被害20%。 続きを読む

明治26年の干ばつ

image

明治26年(1893)、大渇水となり、滝宮神社と滝宮天満宮で請雨祈祷、雨乞い念仏踊りが行われた。また、8月13日は雨乞い対策として香西の勝賀山など6箇... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

image

昭和9年(1934)8月19日、阿野南組によって滝宮神社と滝宮天満宮で雨乞い念仏踊りが奉納された。この年は県下全域で雨乞いが行われ、念仏踊りが奉納され... 続きを読む

昭和2年の干ばつ

昭和2年(1927)7月、大正2年以来の稀にみる大旱天で、7月16日より1週間荒田野村喜来の釜神社で祈祷が行われ、敬講社が結成された。 続きを読む