昭和51年の台風17号

災害年月日
1976年09月10日
市町村
愛媛県西条市(東予市)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和51年(1976)9月10日~13日の台風17号により、東予地方で大雨による被害が続出した。東予地方では8日~12日の5日間に平地部で700~800ミリ、山間部では1,000ミリを超える記録的な豪雨となり、新川、大明神川、北川など主要河川の流域で被害が激しかった。特に山間部では道路の崩壊、橋梁の破損、土砂崩れ、みかん畑の流失などが相次ぎ、住民には避難命令が出された。市内の被害は、負傷者3人、住家の全半壊3棟、床上浸水245棟、床下浸水2,680棟、田畑の流出埋没12ha、冠水459ha等に及んだ。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
東予市誌編さん委員会編「東予市誌」(東予市、1987年)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 大雨 洪水 土砂崩れ 避難命令
NO.
愛媛580

よく似た災害

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月1日にかけて、台風10号が高知県西部に上陸して愛媛県中予地方を通過し山陰地方へ進んだ。愛媛県内は大雨となり、南... 続きを読む

昭和57年の台風13号

昭和57年(1982)8月25日~27日、台風13号が宮崎県の都井岬に上陸し、九州東岸を北上したため、山間部で500ミリ、南予地方で200~300ミリ... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月12日~14日の台風12号により、佐田岬で最大瞬間風速が50.2m/秒を記録し、雨は宇和島で300ミリを超え、山間部では40... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)8月28日~29日、台風により、東予地方で風水害が激烈。 続きを読む

昭和20年の枕崎台風

昭和20年(1945)9月17日、枕崎台風。東予の平地雨量250ミリ、山間部800ミリ、県下死者159人、負傷者328人、行方不明23人、住居の全壊2... 続きを読む