明治30年の干ばつ

災害年月日
1897年07月22日
市町村
愛媛県東温市(重信町)
災害種類
渇水  
概要
明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつ。南・北吉井村などで水利紛争起こる。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
川内町新誌編纂委員会編「川内町新誌」(川内町、1992年)、62頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 南吉井村 北吉井村 水争い
NO.
愛媛959

よく似た災害

明治45年の水争い

明治45年(1912)5月、北吉井村で水争いが起こり、警官出動。 続きを読む

明治45年の水争い

明治45年(1912)、温泉郡北吉井村で水騒動、農民400人騒ぎ、警官鎮圧。(「重信町誌」、「小野村史」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)は大干ばつで、8月20日午前2時に南吉井村北野田(重信町)の農民80人が大割泉に押しかけ、浮穴村高井(松山市)の泉番の農民3人を袋... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、干ばつにより相当の被害があった。前年に引き続き、東十川では水をめぐり紛争が生じたため、明治10年に「水利盟約書」を作成して、無水... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月、大変な干ばつが続き、那賀川の水は不十分で稲が枯死寸前となり、農家が取水のために大変苦労した。この時、北岸の大井出堰(羽ノ浦... 続きを読む