明治30年の干ばつ

災害年月日
1897年07月22日
市町村
愛媛県伊方町
災害種類
渇水  
概要
明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつにより、県下は水不足に悩まされた。28日間の降水量は南予沿岸地方で24ミリ以下であった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌改訂編集委員会編「伊方町誌 改訂」(伊方町、1987年)、52頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1170

よく似た災害

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつにより、県下は水不足に悩まされた。28日間の降水量は南予沿岸地方で24ミリ以下であった。(「愛媛県... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつにより、県下の降水量は微量で、水不足のため稲作及び農作物等に甚大な被害があった。松山では37日間... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)春から降水が少なく、特に8月は所々でにわか雨をみた程度で、農業用水が不足し、干ばつによる被害は前年以上となった。この年の降水量は... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)7月26日~8月31日、大干ばつで、稲作及び農作物などに甚大な被害があった。松山の降水量は37日間で16ミリであった。 続きを読む

昭和26年の干ばつ

昭和26年(1951)7月21日から、南予沿岸部では無降水27日間を記録し、相当の旱害を受けた。 続きを読む