大正9年の台風

災害年月日
1920年08月15日
市町村
愛媛県愛南町(御荘町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
大正9年(1920)8月15日、台風は四国西部を通過し、瀬戸内海より北東に進路を変え、日本海に出た。南予及び東予で降雨が多く、特に南予の御荘では15日224ミリ、16日247ミリ、17日117ミリの連続降雨に見舞われ、大山津波が起こり、多くの死傷者が出た。(「愛媛県史概説」による)松山の最大風速85m。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
伊方町誌編集委員会編「伊方町誌」(伊方町、1968年)、30頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 御荘 山津波 愛媛県史概説
NO.
愛媛1133

よく似た災害

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、東予、南予で降雨多く、御荘では大山津波起こり、多数の死傷者を出した。(「愛媛県史概説」等による) 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)7月24日、台風が須崎方面に上陸した。県東部は24日午後から翌早朝にかけて非常な豪雨に見舞われ、山崩れ、河川の氾濫による被害は甚大... 続きを読む

大正9年8月の豪雨

大正9年(1920)8月9日、沖縄方面に発生した低気圧と朝鮮海峡に発生した低気圧が二つ玉となり東進し、雷雨性豪雨に見舞われた。総降水量は南予及び山岳部... 続きを読む

大正9年の台風

大正9年(1920)8月15日、台風により、南予地方で特に雨量が多く、大山津波が起こり、多数の死傷者が出た。 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)8月1日、大豊町大久保の国道32号の路側擁壁が崩壊した。崩壊が発生したと推測される時間までの連続降雨量は400ミリを越えており、... 続きを読む