明治19年の水害

災害年月日
1886年09月24日
市町村
愛媛県大洲市(長浜町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
明治19年(1886)9月24日午後7時、風雨がますます烈しくなり、午後11時に櫛生村須沢の奥の谷が100余間崩壊し、山麓の人家が埋没、流失した。堆積は最大72尺に及んだ。須沢での被害は、死者39人(男22人、女17人)、家屋の流失7戸、埋没43戸、倒壊19戸、半壊3戸、牛埋没11頭、田の流亡1町4反余、畑の荒亡1町1反余、船の流失6艘等に及んだ。なお、この災害で亡くなった39人のうち、屍が掘り出されたのは12人にすぎず、27人は不明である。
Googleマップ
備考
須沢には追悼碑が建立されている。
参考画像
参考文献
岡野勝敏「明治19年大水害記録-櫛生村須澤の災害と追悼碑、豊茂曲り渕工事碑等-」(長浜史談会「長濱史談 第33号」長浜史談会、2009年、所収)、28-38頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 山崩れ 櫛生村須沢 死者
NO.
愛媛1573

よく似た災害

明治19年9月の櫛生村災害

image

明治19年(1886)9月24日、台風により肱川、その他の河川は氾濫し、流域の各村で家屋流失、田畑の水没、橋の破壊等被害は甚大であった。その中でも櫛生... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時に浸水は全町に及んだ。家屋の流失・全壊24戸、破... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時満水し、浸水は全町に及んだ。家屋の流失全壊24戸... 続きを読む

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日夕6時頃から東風が強く、ついで南風から西風に転じた。午後11時~12時頃、猛烈な風雨となり、高汐も起こり、人家、田畑に... 続きを読む

明治23年の台風

明治23年(1890)9月11日、台風により豪雨がものすごくなり、四万十川、後川の水量は増加し、低地はもちろん、上町、本町辺りも瞬く間に浸水した。被害... 続きを読む