昭和27年の豪雨

災害年月日
1952年07月10日
市町村
愛媛県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和27年(1952)7月10日、梅雨前線が中予に停滞して豪雨となった。東予・中予地方では11日朝にかけて100ミリ以上の雨が降り、各地で山崩れ、堤防決壊等が続出した。特に松山市では高浜・三津・堀江・和気等の海岸地区で家屋の倒壊・埋没が相次ぎ、大災害となった。県下の被害は死者16人、負傷者22人、行方不明1人、家屋の全壊59戸、半壊105戸、流失4戸、浸水5,986戸、田の流失・埋没167ha、浸水3,560ha、道路損壊419箇所、橋損壊117箇所、堤防決壊213箇所、山崩れ653箇所等に及んだ。
Googleマップ
参考文献
愛媛県警察史編さん委員会編「愛媛県警察史 第2巻」(愛媛県警察本部、1978年)、906-908頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 梅雨前線 山崩れ 堤防決壊 死者
NO.
愛媛1760

よく似た災害

昭和27年7月10日の豪雨

昭和27年(1952)7月10日夕刻、強い梅雨前線が中予に停滞して集中豪雨となり、東予・中予地方では11日朝にかけて100ミリ以上の雨が降った。この豪... 続きを読む

昭和29年6月の豪雨

昭和29年(1954)6月29日~30日、梅雨前線による豪雨のため、肱川上流の宇和郡野村町、宇和町付近では雨量が250ミリを超え、肱川、宇和川では溢流... 続きを読む

昭和40年の大雨

昭和40年(1965)9月13日~17日、西日本に停滞していた前線と台風24号が刺激して、四国地方は記録的な大雨となった。風害はほとんどなく、大雨のた... 続きを読む

昭和32年9月24日の豪雨

昭和32年(1957)9月24日、気圧の谷の通過により、県南西部では豪雨となった。土佐清水測候所では24日雨量299ミリを記録した。被害は床上浸水6戸... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、低気圧による豪雨、洪水のため、被害が生じた。被害は、田の流失・埋没25町、浸水125町、畑の流失・埋没2町、浸水8町、... 続きを読む