明治30年の干ばつ

災害年月日
1897年07月22日
市町村
愛媛県上島町(岩城村)
災害種類
渇水  
概要
明治30年(1897)7月22日~8月16日の降雨は、東予海岸で20ミリ以下で、特に島部で被害。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
岩城村誌編集委員会編「岩城村誌 下巻 現代編」(岩城村、1986年)、44頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ
NO.
愛媛1898

よく似た災害

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつにより、県下は水不足に悩まされた。28日間の降水量は南予沿岸地方で24ミリ以下であった。 続きを読む

明治30年の干ばつ

明治30年(1897)7月22日~8月18日、干ばつにより、県下は水不足に悩まされた。28日間の降水量は南予沿岸地方で24ミリ以下であった。(「愛媛県... 続きを読む

明治19年の台風

明治19年(1886)9月10日、台風(720ミリ以下)。佐川・斗賀野方面の被害が特に激しかった。 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)、梅雨は7月3日で終わり、俄雨のほかまとまって降雨がなく8月4日に及んだ。県内の雨量は80ミリ以下である。この干ばつは全国的な現... 続きを読む

昭和17年の干ばつ

昭和17年(1942)、梅雨は7月3日で終わり、俄雨のほかまとまって降雨がなく8月4日に及んだ。県内の雨量は80ミリ以下である。この干ばつは全国的な現... 続きを読む