昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海地震が発生した。時は日本が終戦を迎えた1年4か月後で、徳島市も焼野原からようやく復興する矢先のことである。県南には大きな津波が押し寄せ、徳島県全体で200余名の死者が出た。津田地区でも大きな揺れと津波の襲来で多くの人が津田山に避難した。幸い津波は陸に及ばなかったものの、住民は恐怖におののいた。
Googleマップ
参考文献
徳島市津田コミュニティ協議会、津田公民館編「津田の歴史・史跡めぐり」(徳島市津田コミュニティ協議会、2012年)、21頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
昭和南海地震 津波 津田山
NO.
徳島7420

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日4時19分、紀伊半島沖で発生したM8.1の南海地震により、徳島県下の被害は死者202人、全壊家屋602戸、流失家屋4... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こった。立っていることができないほどの揺れ方が4分ほどで止み、人々は愛宕山、祗園山などへ避... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、M8.0の地震が発生した。阿南市橘町では、地震後約30分で津波の第一波が押し寄せ、その約20分後に津波... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日早朝、潮岬南南西約50kmでM8.0の大地震が起こった。中部地方以西に大きな被害をもたらし、死者1,300人余り、全... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む