昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県神山町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、南海大地震により、海部・那賀両郡地方では津波被害が特に甚だしかった。本村では、戸外に飛び出した者も相当あったようで、時計の振り子が止まった家もあったが、直接の被害はなかった。余震は約20日間も続いた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
神領村誌編集委員会編「神領村誌」(神領村誌編集委員会、1960年)、533-534頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震
NO.
徳島556

よく似た災害

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月、大地震があり、夜半に大津波が起こって、田野平野は一面に海水が入り、潰家や死者も相当あったようである。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、大地震があった。時計は止まり、電灯が消えた。勝浦、那賀、海部地方の海岸では津波を伴い被害が大きかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生した。被害は西日本の太平洋側沿岸一帯に及び、高知県では家屋の流失566軒、全壊4,824軒、半壊9,... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時15分、南海大地震が起こった。中村町では家屋の倒壊が街の大半に及び、人畜の損失も多数に及んだ。西土佐村も相当... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、M8.1の南海道地震が起こった。愛媛県下の被害は、死者27人、負傷者28人、家屋の全壊1,133戸... 続きを読む