昭和40年の地すべり

災害年月日
1965年09月18日
市町村
香川県土庄町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月18日、肥土山向の上で、大雨とともに土砂大石噴出して、すさまじい地すべりが起こった。この辺り一帯は旧噴火時代の火山灰からなる地層が第三紀層の表皮に堆積した所で、第三紀層と火山灰の間に浸入した雨水、地下水が浸蝕して陥没、地すべりを引き起こしたと見られる。また、馬越、四海、硯の3地区でも地すべりの被害が出た。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土庄町誌編集委員会編「土庄町誌」(土庄町誌編集委員会、1971年)、17-18頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 肥土山
NO.
香川845

よく似た災害

昭和20年10月の地すべり

昭和20年(1945)10月1日から降り続いた雨が、8日に大豪雨となり、大地すべりを引き起こした。 続きを読む

昭和50年の地すべり

昭和50年(1975)6月、横倉の水田8aに幅20cm、長さ60mの亀裂ができた。この付近は昭和30年(1955)2月に地すべり地に指定されていたとこ... 続きを読む

昭和54年の地すべり

昭和54年(1979)7月20日、地すべりにより、柳谷村中津の国道33号で斜面崩落が起こった。 続きを読む

昭和29年の地すべり

昭和29年(1954)6月、町内で地すべりが起こり、5haの農地と水路、道路、ため池などが被害を受けた。 続きを読む

平成4年の善徳の地すべり

image

平成4年(1992)8月8日、台風10号による日雨量171ミリの集中豪雨と4日間の205ミリの連続降雨のため、Z-1下部ブロックで県道等に地すべり被害... 続きを読む