昭和18年7月の水害

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県愛南町(城辺町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。城辺町内の僧都川で2箇所が決壊し、伊勢町、矢の町、中町、北裡から古町の全部の家屋が床上まで浸水した。流失家屋は9戸、死者は1人であった。町では応急措置として町内全戸を動員して仮堤防を築くこととし、一本松村や東外海村からの応援を得て復旧工事にあたり、8月3日に完了した。また、東外海村では22日夕方に久良真浦の民家の後ろの山が崩れて6戸がつぶれ、警防団員4人と住民3人が亡くなった。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、367頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 水害 死者 町民動員 仮堤防築造
NO.
愛媛9162

よく似た災害

昭和8年の台風

昭和8年(1933)10月20日早朝、台風が九州南端に上陸した後、四国を横断し、瀬戸内海を経て中国山地を越え、夕刻には若狭湾に進んだ。この台風により、... 続きを読む

昭和51年の台風17号

image

昭和51年(1976)9月10日から12日まで、台風17号は西日本に停滞し、津田町内に983ミリの豪雨をもたらし、大災害を引き起こした。被害は死者8人... 続きを読む

大正9年8月の土砂災害

大正9年(1920)8月15日、台風により、海岸地帯では各所ではがけ崩れが起こり、西外海村の麦ヶ浦では山は崩れ、川溝は土砂で埋もれた。内泊から青年団3... 続きを読む

昭和22年の福浦大火

昭和22年(1947)12月2日午後11時半頃、西外海村福浦の村農業会の建物から出火し、強風にあおられ、隣接の福浦郵便局に延焼した。さらに漁業用に貯蔵... 続きを読む

昭和18年の水害

昭和18年(1943)の水害に際して、喜多郡民は協力して復興にあたったため1年で元どおりにすることができた。一方で、犠牲的精神の混乱逃避や利己主義の台... 続きを読む