昭和18年7月の水害

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県愛南町(内海町)
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。内海村では柏川が決壊し、畑が流され住宅が浸水するなどの被害を受けた。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、367頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 水害 柏川
NO.
愛媛9164

よく似た災害

昭和18年7月の水害

昭和18年(1943)7月21日~25日、豪雨のため、南宇和郡内一帯は大被害を被った。御荘町では観栄橋付近で土手が崩れ、和口橋、観栄橋ともに流され、田... 続きを読む

昭和9年の水害

昭和9年(1934)、井口の本川下流が決壊し、大新田が水害を受けた。 続きを読む

昭和62年の台風19号

昭和62年(1987)10月16日夜半、台風19号が来襲し、畑作物や水田などに被害を受けた。特に香川県東部に集中豪雨をもたらし、新川などが決壊、東部を... 続きを読む

明治25年5月の洪水

明治25年(1892)5月23日午後から大雨となり、23時頃から風雨が強まった。勝浦川は、満潮と重なり、各所で堤防が決壊し、橋が流されるなどの被害が発... 続きを読む

昭和53年の台風18号

昭和53年(1978)9月、台風18号が襲来し、床下浸水家屋157戸、漁港護岸の決壊、田畑の海水浸水などの被害を受けた。 続きを読む