明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年00月00日
市町村
香川県高松市
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)夏から9月11日まで、約140日間日照りが続いた。池底に亀裂ができて、水がなくなり、東十川村内では水けんかなどが生じた。このため、新規に池を築造する計画が立てられたが、配水権などで地主との関係がうまくゆかず、新池築造は中止となった。
Googleマップ
参考文献
十河歴史研究会編「十河郷土史」(十河村制百周年記念事業実行委員会、1992年)、676-678頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水けんか 新池築造計画
NO.
香川1352

よく似た災害

明治27年・28年の干ばつ

image

明治27年(1894)と明治28年(1895)、干ばつが激しく、大野原村は土地が高燥であるため、殊に被害が甚だしかった。このため、大貯水池築造の計画が... 続きを読む

昭和9年の干ばつ

昭和9年(1934)、大干ばつのため、小野村では神社、寺院で雨乞い祈願を行ったり、皿ヶ嶺(1,271m)のお水貰い、河之内(川内町)の雨瀧参りなどを行... 続きを読む

昭和14年の干ばつ

image

昭和14年(1939)、干ばつのため、8月下旬には県下のため池には貯水がなくなり、仁池も最後の配水について理事、水利監督などが協議し、上法と富熊のどち... 続きを読む

寛文2年の干ばつ

image

寛文2年(1662)、大干ばつに見舞われた。田はひび割れ、稲は枯死して収穫はゼロであった。ところが、築造から7年間の平屋池を持つ井ノ口新田は、平年作を... 続きを読む

明治27年の干ばつ

明治27年(1894)4月27日から9月10日までの135日間に、長尾では7月~8月の33ミリの降雨があっただけで、雨らしい雨はなかった。このため、用... 続きを読む