明治27年の干ばつ

災害年月日
1894年00月00日
市町村
高知県香美市(土佐山田町)、南国市
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)、この年は60年来の旱害と言われた。新改川下流の植田・久次地区は上流に分水を要請したが。上流も余裕がなく、甫喜峯疏水計画の最中であったが、これを拒否した。このため、植田・久次地区はツイノイ堰を襲い、上流側と乱闘となった。後免署から警官50余名が出動するとともに、長岡郡長が初期を現地に派遣して調停に当たらせて、事態の収束を図った。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐山田町史編纂委員会編「土佐山田町史」(土佐山田町教育委員会、1979年)、616-617頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水争い 新改川 ツイノイ堰
NO.
高知471

よく似た災害

明治26年の干ばつ

明治26年(1893)、干ばつにより、植田地区350石、久次地区80石、須江上改田20余石の田は枯死寸前となった。植田・久次の農民はツイノイ堰(須江本... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)、日照りが続き、大変な水不足に襲われた。この時、新改川の上下流で水争いが起こった。下流の植田・久次(ひさつぎ)の人々が新改川のコロ... 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、干天続きで、植田地区の水田が枯死寸前の状態になったため、新改川下流の植田地区の農民は上流の須江部地区の農民に対して、コロンボ堰の... 続きを読む

明治9年の干ばつ

明治9年(1876)の旱害は、明治6年の2倍3倍にも上った。新改川のコロンボ堰からの分水をめぐり、上流の須江部地区と下流の植田地区の農民が対立した。こ... 続きを読む

明治26・27年の干ばつ

明治26年(1893)6月から8月13日までの64日間、全く雨のない干天が続き、翌27年も干害となった。多良村の人々が大里用水に新たに数個の堰を設けて... 続きを読む