昭和35年の台風12号

災害年月日
1960年08月12日
市町村
香川県
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和35年(1960)8月12日~13日の台風12号は室戸岬北西に上陸し、剣山の東側を通って、香川県東端を経て播磨灘に抜けた。この台風は強いものでなく、最大風速は高松で東北東14.4m/秒であった。被害は田冠水1ha、山・崖崩れ1箇所、通信施設50箇所であった。(高松地方気象台「異常気象速報」による)
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、69-70頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 山崩れ 異常気象速報
NO.
香川1483

よく似た災害

昭和32年の台風7号

昭和32年(1957)8月18日~21日の台風7号は九州西方海上を北上して、朝鮮半島に向かったため、香川県では大した被害はなく、被害は堤防決壊1箇所、... 続きを読む

昭和30年の台風22号

昭和30年(1955)9月29日~30日、台風22号は薩摩半島から北上し、北九州を経て日本海南部へ進んだ。この台風は香川県への直接の影響はなく、被害は... 続きを読む

昭和31年の台風15号

昭和31年(1956)9月26日~27日の台風15号は典型的な雨台風で、香川県内でも100~150ミリの大雨が降った。県内の被害は家屋の半壊1戸、床下... 続きを読む

昭和29年の台風12号

昭和29年(1954)9月13日~14日の台風12号により、香川県の高松、大川、小豆島方面では風による被害が多く、中部・西部の沿岸部では高潮の被害が多... 続きを読む

昭和35年の台風16号

昭和35年(1960)8月28日~30日の台風16号は土佐湾中部に上陸し、高知市の西、多度津の西を通り、瀬戸内海から中刻地方を北上した。最大風速は高松... 続きを読む