天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、大地震あり、土佐に大津波が来襲して、人家、田畑は大半が流失したと古い書物に書かれている。土佐国の収穫高は523,738石余であったが、白鳳の大地震と大津波により30万石余が流失した。
Googleマップ
備考
原資料では白鳳12年(685)となっているが、天武天皇13年(684)に修正した。
参考文献
堅田貞志「『南路志』の宝永地震記録の概要」(須崎史談会「須崎史談第140号」、2004年)、10頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
白鳳地震 津波
NO.
高知681

よく似た災害

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月4日、大地震あり、土佐に大津波が来襲して、人家、田畑は大半が流失したと古い書物に書かれている。土佐国の収穫高は523,7... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、「続日本記」によると、「土佐国の田苑五十余万頃(五十万町)没して海となる」と記されている。 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武天皇13年(684)10月14日、日本書紀によれば、大地震が起こり、諸国の官舎、民屋、寺塔、神社の倒壊するもの数知れず、人畜の損害も少なからず、「... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、巨大地震が南海トラフで起こった。「日本書紀」によると、「国挙りて、男女叫びよばいて、まどいぬ。則ち、山崩れ河湧く、諸... 続きを読む