天武天皇13年の地震

災害年月日
0684年11月26日
市町村
高知県
災害種類
地震・津波  
概要
天武天皇13年(684)10月14日、諸国地震、土佐国最も激しく、田苑50余万頃没して海となり、津波を伴う。伊予の温泉止まる。土佐国吾川郡、長岡郡、高岡郡、幡多郡の各地に「黒田郷」水没の伝承あり。/史料掲載:「土佐大震記」、「補訂十市村古事考」、「日本の地震と津波」、「土佐古今の地震」、「土佐遺事雑纂上」、「高知史跡めぐり」、「上ノ加江町史」、「神社明細帳」、「南路志」、「幡南探古録」、「西土佐村史」、「大内町史」、「下川口村誌」、「大方町史」、「高知県神社誌」、「北川文書」、「皆山集」等
Googleマップ
備考
原資料では天武天皇12年(684)となっているが、天武天皇13年(684)に修正した。
参考文献
国立防災科学技術センター編「高知県地震津波史料」(国立防災科学技術センター、1981年)、1-11頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
白鳳地震 津波 道後温泉 黒田郷 土佐大震記
NO.
高知922

よく似た災害

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、東海、南海、四国沖にわたる巨大地震が発生し、地震後、伊豆下田以西九州に至る海岸に津波が襲い、伊豆下田、熊野灘沿岸、紀伊... 続きを読む

慶長9年の地震

慶長9年(1604)12月16日、南関東沖を中心とする地震と、南海沖を中心とする二元の巨大地震があり、房総、八丈島、伊豆、遠江、阿波、土佐は津波に襲わ... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

天武13年(684)10月14日、M8.4の地震が起こり、記録に残る我が国最古の津波が高知沿岸を襲った。日本書紀によると、午後8時頃に大地震が起こり、... 続きを読む

天武天皇13年の地震

白鳳13年(684)10月14日、大地震があり、土佐国田苑50万頃が陥没し、さらに11月3日の余震で大津波があった。この地震で黒田郷が消え去ったと伝え... 続きを読む