安政元年の南海地震

災害年月日
1854年12月24日
市町村
高知県土佐清水市
災害種類
土砂災害  地震・津波  
概要
嘉永7年(1854)11月5日申の下刻(17時頃)、大地震が発生した。寅の年の大変と呼ばれている。足摺岬の様子を伝える記録や口伝によると、地鳴り、海鳴りとともに大地が激しく揺れ動き、人々は立つこともできなかった。この地震のため、山は崩壊し、大小の岩石が落ちてきた。人々は地割れに備えて座るため、梯子をかつぎ、戸板を持って山に避難した。山からは、海水が沖へ引き、いつもは海面より15m以上も海中に没している岩が姿を現し、その後沖合から山のように海水を盛り上げ、津波が押し寄せてきたという。
Googleマップ
参考文献
山本等編著「足摺岬」(土佐清水市足摺岬区長場、1985年)、89頁及び92-93頁
情報源の種類
その他文献等
キーワード
安政南海地震 津波 山崩れ 避難 口伝
NO.
高知1024

よく似た災害

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時頃、大地震が発生した。午後5時頃から大津波が打ち寄せ、人々は山辺の藪地に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日午後4時大地震が起こり、午後5時頃大津波があり、人々は西福寺や岡地の藪の中に避難したが、強震のため歩行も困難で、空飛ぶ鳥... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日午後5時頃から空前の大地震が起こった。大西藤太の「大地震荒増記」には、夕食の支度をしたり、食事をしている最中に大地震が起... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)11月5日、地震津波が来襲した。「真覚寺日記」には被害の様子が詳細に書かれている。午後5時頃未曾有の大地震が起こり、人々は狼狽し、... 続きを読む