昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県日高村
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、日高村で多数の山崩れ等が発生し、死者24人、行方不明1人の犠牲者を出した。また、日下川が増水氾濫して、全村が浸水し、国道をはじめとする道路網が通行不能となった。浸水状態は4日間続いた。
Googleマップ
参考文献
高知県警察本部編「昭和50年台風5号災害警備の概況」(高知県警察本部、1975年)、26頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 集中豪雨 山崩れ 死者 日下川
NO.
高知1169

よく似た災害

昭和50年の台風5号

昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、天崎・鳴川・北地地区で山崩れが起こり、死者6人が出た。また、波介川が増水したが、流出口... 続きを読む

昭和40年の台風24号

昭和40年(1965)9月14日、台風24号により、桑野川が氾濫し、家屋が浸水した。写真2枚。 続きを読む

昭和9年の室戸台風

昭和9年(1934)9月21日午前5時過ぎ、室戸台風が通過し、風雨が強く、吉野川をはじめ河川が増水し、大洪水となった。吉野川では11.22mの増水、最... 続きを読む

明治32年の台風

明治32年(1899)、暴風雨により中山川が氾濫した。また、鞍瀬川が増水し、明河小学校の運動場が流失。(「田野村誌」等による) 続きを読む

昭和13年8月の台風

昭和13年(1938)8月1日、暴風雨により勝浦川が増水し、堤防下1尺に迫った。各河川が増水し、土砂が田畑を埋めた。(長田八百三氏日記、横瀬町史等によ... 続きを読む