昭和50年の台風5号

災害年月日
1975年08月17日
市町村
高知県須崎市
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和50年(1975)8月17日、台風5号による集中豪雨のため、桜川の急増水による堤防の決壊及び御手洗川の氾濫により、吾井郷地区、多ノ郷地区及び西崎地区一帯が1~2.5mの浸水となり、約600世帯が床上浸水、約1,100世帯が床下浸水の被害を受けた。また、吾井郷地区の山際にある民家が土石流のため倒壊し、1人が死亡した。
Googleマップ
参考文献
高知県警察本部編「昭和50年台風5号災害警備の概況」(高知県警察本部、1975年)、26-27頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 集中豪雨 桜川 堤防決壊 土石流
NO.
高知1171

よく似た災害

平成16年の台風23号

平成16年(2004)10月20日、台風23号により、新町地区で土石流が発生し、床上浸水9世帯、床下浸水64世帯、災害箇所100箇所以上の被害を受けた... 続きを読む

平成16年の台風16号

平成16年(2004)、台風16号の来襲により高潮被害が発生した。これまでの最高潮位を大きく上回り、305世帯が床上・床下浸水の被害を受けた。これは、... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日~22日、台風10号により、高知市の被害は死者3人、負傷者159人、住家の全壊374世帯、半壊13,442世帯、一部破... 続きを読む

昭和51年の台風17号

昭和51年(1976)9月8日~13日、台風17号により、高知市の被害は死者3人、負傷者3人、住家の全壊45世帯、半壊44世帯、一部破損15世帯、床上... 続きを読む

平成7年の洪水

平成7年(1995)7月4日、梅雨前線による豪雨のため、東大洲地区では大規模な洪水被害を受けた。被害は浸水面積923ha、軒下浸水20戸、床上浸水48... 続きを読む