平成16年の台風10号

災害年月日
2004年07月31日
市町村
徳島県那賀町(木沢村)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
平成16年(2004)7月31日、台風10号により昼間から断続的に降り続いた雨は、夜半から1日午前10時にかけて猛烈な豪雨となった。このため、1日夜から2日未明にかけて、大用知、阿津江、加州、上沢谷など各地で山腹崩壊が発生した。このうち、大用知では日浦山の崩壊により住宅1戸が土石流で流失し、老夫婦2名が行方不明となった。国道193号、県道木沢上那賀線、村道の大用知線などが寸断されたため、孤立した住民はヘリコプターなどで救出された。災害救助法が適用された。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
木沢村誌編纂委員会編「木沢村誌 後編」(木沢村、2005年)、699-716頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 山腹崩壊 大用知 死者 災害救助法
NO.
徳島347

よく似た災害

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月30日夜から8月2日にかけて、台風10号により、徳島県は記録的な豪雨となった。那賀川上流の海川雨量観測所では日雨量1,317... 続きを読む

平成16年の台風10号

平成16年(2004)7月31日から8月2日にかけて、徳島県は台風10号による豪雨となった。木沢村の阿津江地区で崩壊が発生し、崩壊土砂は坂州木頭川に流... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日から18日にかけて、台風15号により、西讃、中讃では断続的に大雨となった。このため、西讃、中讃では1市6町で避難勧告が... 続きを読む

平成25年4月の大雨

平成25年(2013)4月6日から7日にかけて2つの低気圧が日本海と本州南岸を発達しながら北東進したため、6日から8日にかけて九州から北海道にかけての... 続きを読む

平成16年の台風15号

平成16年(2004)8月17日に襲来した台風15号により、17日から18日にかけて西讃、中讃で断続的な大雨となった。このため、西讃、中讃では家屋浸水... 続きを読む