昭和4年10月の台風

災害年月日
1929年10月25日
市町村
香川県
災害種類
風水害  
概要
昭和4年(1929)10月25日~26日、台風のため、香川県地方の風雨は強まり、特に東讃地方は150~300ミリの降雨があった。このため、河川は増水し、堤防決壊、土砂崩壊、田畑浸水、溺死者2人を出し、高松市街の浸水は500戸を越え、船舶の破壊、漁網の損害があった。(気象庁「気象要覧」による)/多度津の最大風速は北北西11.1m/秒であった。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
高松地方気象台編「香川県気象災害誌」(香川県防災気象連絡会、1966年)、34頁
情報源の種類
災害記録、災害体験集
キーワード
台風 堤防決壊 死者 気象要覧
NO.
香川5315

よく似た災害

明治17年の台風

明治17年(1884)8月25日、暴風雨のため、県下各地で河川の氾濫、高潮による堤防の決壊、家屋の倒壊・流失、田畑の流失、船舶の破損等多大な被害を受け... 続きを読む

大正7年8月の台風

大正7年(1918)8月29日~30日、暴風雨により全島各所の堤防護岸損壊、橋梁落下、家屋倒壊、浸水、田畑流失、船舶の覆没等損害大。特に北浦、淵崎の被... 続きを読む

昭和49年の台風18号

昭和49年(1974)9月9日、台風18号により山間部では300ミリを越える降雨があった。吉野川では増水し警戒水位を突破して、舞中島は孤立状態となった... 続きを読む

昭和6年10月の台風

昭和6年(1931)10月13日、台風が九州南東近海より紀伊半島に上陸し、家屋被害、堤防決壊、田畑浸水、満潮時の高潮被害、船舶遭難数隻、漁船流失などが... 続きを読む

昭和21年の台風

昭和21年(1946)7月29日、台風が豊後水道を通った。県内の雨は28日、29日に集中し、東津野で700ミリ、魚梁瀬で600ミリを越えた。幡多郡では... 続きを読む