昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
高知県土佐市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時20分、南海地震が発生し、土佐市内では宇佐を中心に死者・行方不明3名、負傷58名、家屋倒壊151戸、家屋半壊831戸、家屋流出341戸、罹災者6,114名、船舶流失42隻などの大きな被害が出た。宇佐は津波被害を受けていない住民がいないというほどの壊滅状態であったが、他の地区に比べて死者が少なかった。これは、宇佐が昔から何回か津波の被害を受けてきたため、先人がその経験により得た尊い教訓を残していたためである。
地理院地図
Googleマップ
備考
宇佐には「震災復興記念碑」が建立されている。
参考画像

原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
土佐市史編集委員会編「土佐市史」(土佐市、1978年)、1069-1074頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 宇佐
NO.
高知151

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海大地震が発生した。新宇佐町が特に大きい被害を受け、押し寄せた津波は宇佐の全地区を飲み込み、町全体が海原と化した... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海大地震が発生した。高知県全域の震度は宝永地震と同じ震度6の烈震と推定されている。被害の総計は流家3,818軒、全壊... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分地震が発生し、その十数分後に津波の第一波が押し寄せ、さらに十数分間隔で第二波、第三波が襲来した。典型的... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、M8.4の地震が起き、高知県・徳島県の沿岸部では地震・津波両面の被害を受けた。この安政南海地震発生の32時間前に安政東... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、M8.4の地震が起き、高知県・徳島県の沿岸部では地震・津波両面の被害を受けた。この安政南海地震発生の32時間前に安政東... 続きを読む