明治23年の豪雨

災害年月日
1890年09月09日
市町村
高知県四万十市(中村市)
災害種類
風水害  
概要
明治23年(1890)9月9日午後3時頃より降雨が始まり、10日にはますます強くなり、11日には豪雨となっった。後川の水量が増加して6m余になる。浸水が甚だしくなり、人々は舟で近くの丘や山に逃げた。水の勢いは強く、瞬時にして家、家財道具、商品等すべてを流失した。安並まで流された人もいたという。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
蕨岡村史編纂委員会編「蕨岡村誌」(蕨岡村史編纂委員会、2002年)、623頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
豪雨 後川 洪水 安並
NO.
高知2794

よく似た災害

明治19年の洪水

明治19年(1886)8月20日午後7時頃から暴風雨となり、翌21日にはますますその度を加え、22日に最も甚だしくなり、被害も多かった。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)7月20日、台風のため、屋敷の低い家屋は高台へ家財道具や牛馬を避難させて万一の大洪水に備えた。21日になって時化はますます荒れ狂... 続きを読む

明治44年の台風

明治44年(1911)8月14日午後10時より暴風雨となり、翌15日にはますます猛烈となり、午後11時に浸水は全町に及んだ。家屋の流失・全壊24戸、破... 続きを読む

明治35年の台風

明治35年(1902)9月6日、暴風雨と津波が起こった。翌日にはその勢いが激しくなり、海水は浦を襲ったので、町民1,000余人が小学校に避難した。 続きを読む

明治23年の洪水

明治23年(1890)9月11日、豪雨のため、四万十川、後川の水量が増加し、中村の町は瞬く間に浸水した。水量はますます増加して、日没時には明治19年の... 続きを読む