天保3年の降雹

災害年月日
1832年05月12日
市町村
高知県
災害種類
その他(ひょう)  
概要
天保3年(1832)4月12日、降雹。池川年代記には「八ツ(14時)に至りて俄に雲立ち塞ぎ神風雷荒光り只闇の如くにて雹降り其形黍粒の大なる如し、色白く例へば雪の玉となり半時斗りにして晴る」と記されている。
地理院地図
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
高知県編「高知県災害異誌」(高知県、1966年)、38-39頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
降雹 池川年代記
NO.
高知3790

よく似た災害

寛政10年の降雹

寛政10年(1798)6月20日、降雹。池川年代記には「八ツ頃赤黒の雲四方に立塞り闇の如きにして忽ち神風荒れ来り只砂をまく如く氷降り来り、其の形氷を打... 続きを読む

慶応3年の水害

慶応3年(1867)6月19日、大雨により、上町が浸水。真覚寺日記には「雨は篠を乱せる如し、市中水深くして往来する者一人もなし」と記されている。 続きを読む

昭和61年の降雹

昭和61年(1986)8月2日午後4時15分から約15分間、多田地区を中心に雷をともなって大粒の雹が降った。雹は直径1cmから5cmで、形も丸いものか... 続きを読む

昭和54年8月の降雹

昭和54年(1979)8月23日、上空に寒気が流入し大気が不安定となり、17時30分頃から約40分、佐那河内村全域で直径2~3cmの雹が降り、地面を白... 続きを読む

昭和54年8月の降雹

昭和54年(1979)8月23日、上空に寒気が流入し大気が不安定となり、17時30分頃から約40分、佐那河内村全域で直径2~3cmの雹が降り、地面を白... 続きを読む