昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県美波町(由岐町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時頃、南海地震が発生し、津波が襲った。 由岐小学校の校庭には小舟が打ち上げられ、庭球コートの支柱には女児を背負った婦人の死体が引っかかっていた。(川尻隆氏記) 西由岐では、死者が2人出て、浜寄り家はたくさん壊れ、下町は2階すれすれまで潮に洗われた。(岩田アサ子記) 田井では、潮田川に沿って潮が奥深く流入し、堤防を越えて原田東地区と南尻地区の田は一面砂で埋まった。(猪谷肇氏談)
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
由岐町史編纂委員会編「由岐町史 上巻<地域編>」(由岐町、1985年)、472-473頁及び572-573頁及び673-674頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 由岐小学校 西由岐 田井 死者
NO.
徳島116

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時半、大地震が起きた。冷田川の下流から、約3mの高さの高浪が上流に向かって遡ってきた。通り過ぎた後は、川一杯に... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震により、鳴門市では21~65cm、平均48cm沈下したと言われるが、特に塩田地帯及び里浦大手海岸一帯が顕著... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生し、まもなく津波が来襲した。昭和南海地震による家屋被害は津波による流失が主な要因であると報告されている。この研究... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日の南海地震により、高知市では40~100cm、平均52cmの地盤沈下が認められ、高知県下で最大の沈下量を示している。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、高知県はM8.0の大地震に見舞われ、6分後には5mの津波に襲われた。県全体の死者・行方不明は679人で、そのうち四... 続きを読む