昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県海陽町(宍喰町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、大地震があり、その後津波を伴った。地震は立っていられない程で、所々に地割れができ建物の被害も大きかった。人々は津波に備えて愛宕山に避難を始めたが、津波の襲来は案外早かった。地震後間もなく大潮が川口に入り込み堤防の低い南町の浜の町内に流入して、川側の家の一部が流失し、大部分の家は潮が入り大被害を受けた。宍喰町の被害は死者9人、負傷者58人、家屋流失9戸、全壊10戸、半壊107戸、床上潮入97戸、床下潮入155戸などであった。
地理院地図
Googleマップ
備考
愛宕山は現在も津波避難場所になっている。
参考画像

参考文献
中島源著「宍喰風土記」(平和印刷所、1969年)、45頁及び52-53頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 愛宕山
NO.
徳島142

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こった。大方町と白田川村の被害は、死者30人、負傷者12人、家屋の倒壊261戸、半壊397... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

嘉永7年(1854)11月5日、大地震が起こった。寅の大変と言われる。「甲寅大地震御手許日記」によると、夕方地震が起こった後も、日没までに2回、夜中に... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海道沖大地震(M8.1)が発生した。津波は高知県の沿岸で4~6mに達し、津波の被害は地震による被害よりも大きかっ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海地震が起こった。津波の被害は地震そのものの被害よりも大きかった。波高は高知県の沿岸で4~6mに達した... 続きを読む