昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家、堤防、道路、橋、田畑などに大きな被害が出た。また、この地震で県内各地で地盤沈下が進行したため、かさ上げなどの対策がとられた。
地理院地図
Googleマップ
備考
原資料では12月24日となっているが、12月21日に修正した。
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
徳島県史編さん委員会編「徳島県史 第6巻」(徳島県、1967年)、584-586頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 地盤沈下
NO.
徳島219

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分頃、潮岬の南方50kmで起こった大地震、津波により、死者は浅川で85人、牟岐で53人を出したほか、住家... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時過ぎ、南海大地震が発生した。地震と津波による高知県内の被害は、死者670人、負傷者1,836人、住家全壊4,... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震が発生し、高知県、徳島県などの被害が大きかった。愛媛県では昭和2年3月の北丹後地震以来の大きな地震で、松山で震度4であ... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、和歌山県沖の熊野灘でM8.1の大地震が発生し、各地に大きな被害をもたらした。東予市域でも、壬生川町で... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島を震源とするM8.1の南海地震が起こった。小松島市では、この地震によって各地で地盤変動が起き... 続きを読む