大正15年の水害

災害年月日
1926年07月07日
市町村
徳島県上板町
災害種類
風水害  
概要
大正15年(1926)7月7日、宮川内谷川の水害で、西分日吉橋の量水標11尺、七条鍛治橋流失、正念寺・法泉寺橋墜落。松島、大山で堤防決壊3箇所、130間、浸水面積350町歩。
地理院地図
Googleマップ
参考文献
児島忠平編「松島町誌」(児島忠平、1967年)、179頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水害 宮川内谷川 堤防決壊
NO.
徳島3296

よく似た災害

大正15年の水害

大正15年(1926)7月7日、宮川内谷川の水害で、西分日吉橋の量水標11尺、七条鍛治橋流失、正念寺・法泉寺橋墜落。松島、大山で堤防決壊3箇所、130... 続きを読む

大正4年の水害

大正4年(1915)8月5日、宮川内谷川の堤防決壊6箇所、延長227間、荒地19町歩余、浸水200町歩、流失家屋1棟。七条仁界集落炊き出し米配給。 続きを読む

大正4年の水害

大正4年(1915)8月5日、宮川内谷川の堤防決壊6箇所、延長227間、荒地19町歩余、浸水200町歩、流失家屋1棟。七条仁界集落炊き出し米配給。 続きを読む

昭和13年の水害

昭和13年(1938)5月5日、宮川内谷川の堤防決壊6箇所、橋梁流失3、林道崩壊1,000m、荒治15町歩、浸水150町歩、収穫皆無田畑51町歩、桑園... 続きを読む

大正15年の豪雨

大正15年(1926)7月7日、豪雨により、宮川内谷川氾濫、堤防決壊3箇所、延長236m、田畑冠水350町歩、日吉橋、七条橋、正念橋流失。(「徳島県災... 続きを読む