昭和40年の地すべり

災害年月日
1965年09月00日
市町村
高知県大豊町
災害種類
土砂災害  
概要
昭和40年(1965)9月、豪雨により、南小川・赤根川地域で大規模な地すべりが発生した。また、徳島県祖谷川上流の東祖谷村大西でも大崩壊が発生した。これを契機に、建設省は昭和44年に祖谷川・南小川地域の直轄調査を開始し、昭和46年には徳島県池田町に四国地方建設局吉野川砂防工事事務所が開設され、建設省直轄の砂防工事が開始された。
地理院地図
Googleマップ
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
大豊町史編纂委員会編「大豊町史 近代現代編」(大豊町教育委員会、1987年)、850-851頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
地すべり 南小川 赤根川 吉野川砂防工事事務所 直轄砂防工事
NO.
高知1155

よく似た災害

明治18年の茶園嶽崩壊

image

明治18年(1885)7月14日、台風により、吉野川は大洪水。脇町の曽江谷川の茶園嶽で大崩壊(土量約50万立米)が発生した。これを契機に、曽江谷川では... 続きを読む

平成11年の地すべり

image

平成11年(1999)7月26日から8月8日の14日間で、2,192ミリの集中的な豪雨があったため、高瀬地区の大渡ダム右岸上部で大規模な地すべりが発生... 続きを読む

昭和47年の地すべり

image

昭和47年(1972)7月、集中豪雨を契機として、岩原川上流、赤根川流域で大規模な地すべりが発生した。このため、県と大豊町に要請により、昭和41年指定... 続きを読む

昭和29年の善徳の地すべり

image

昭和29年(1954)、西祖谷山村善徳で県道剣山公園~上名線200mにわたり崩壊が発生した。(「善徳地すべり」等による) 続きを読む

平成11年の谷ノ内地すべり

平成11年(1999)、越知町の谷ノ内地すべりでは、150ミリ/年の変位量が観測された。また、同年には民家床下に亀裂が発生し、住民が一時避難するなどの... 続きを読む