昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県松前町
災害種類
風水害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日の台風により、松山では平均雨量の5ヶ月分が4日間に降った。県下の被害は、死者114人、行方不明20人、家屋全壊1,132戸、床上浸水27,020戸、堤防決壊1,074戸などとなった。松前町では、23日午前9時に北伊予村徳丸地先の左岸堤防が決壊し、続いて岡田地区6箇所も決壊し、耕地の流失・埋没1,730町歩の被害を受けた。相川知事は、災害復旧工事のため連日陣頭指揮を行い、もっこも担ぎ作業にも従事した。
Googleマップ
備考
中川原の素鵞神社に水害復興記念碑が建立されている。
参考画像
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
松前町誌編集委員会編「松前町誌」(松前町、1979年)、38-40頁及び519-521頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 死者 重信川 堤防決壊 相川知事
NO.
愛媛4264

よく似た災害

大正7年の洪水

大正7年(1918)7月、8月の2回の大雨によって、吉野川など各河川は大洪水となり、大きな被害を受けた。吉田谷川では県道取合の堤防21間が決壊し、家屋... 続きを読む

弘化3年の台風

弘化3年(1846)7月15日、台風、洪水により、各地の堤防が決壊し、大被害となった。東川原の三倉出水堤防が60間決壊し、耕地5町歩が流失。東青木堤防... 続きを読む

大正7年の台風

大正7年(1918)8月29日から30日にかけて、暴風雨により生比奈村の堤防が決壊し、住家の流失1戸、倒壊18戸、半壊18戸、床上浸水91戸、床下浸水... 続きを読む

大正9年の洪水

大正9年(1920)8月15日、16日、大洪水が発生し、三原村は有史以来の大災害を受けた。被害は死者19人、負傷者15人、牛馬の圧死4頭、流失2頭、住... 続きを読む

昭和24年のヘスター台風

昭和24年(1949)7月31日、ヘスター台風により、三野町では重傷者1人、軽傷者4人、住家の全壊21戸、流失4戸、半壊40戸、床上浸水28戸、床下浸... 続きを読む