昭和18年の台風

災害年月日
1943年07月21日
市町村
愛媛県八幡浜市(保内町)
災害種類
風水害  土砂災害  
概要
昭和18年(1943)7月21日~24日、台風により、宮内村では堤防の決壊、家屋の倒壊・埋没・浸水・流失、田畑の浸水・流失の被害が出た(「宮内村日誌」による)。また、喜木川が増水し、地区住民に避難警報が出された。今井の堤防が決壊し、今井・川向の全戸が床上浸水し、八幡橋、神越橋、一里塚橋、喜須来橋が流失した。新川上流奥の大峯山の中腹地区の山林3haが崩壊し、約1haの田畑が川原となった。死者1人、家屋流失2戸、床上浸水250戸、田畑の流失・埋没57ha。(喜須来村「昭和18年災害誌」による)
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
保内町誌編集委員会編「保内町誌」(保内町、1973年)、30-31頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
台風 宮内村 堤防決壊 死者 喜須来村
NO.
愛媛1111

よく似た災害

昭和18年の台風

昭和18年(1943)7月21日から台風に伴い降り続いた雨で、喜木川は増水し、24日10時頃には町全体が床上浸水し、八幡橋、神越橋、一里塚橋が決壊し、... 続きを読む

昭和38年の台風9号

昭和38年(1963)8月9日、台風9号により、降雨量は四万十川上流で900ミリを越し、佐岡・古津賀地区の堤防が決壊した。中村市での被害は、死者1名、... 続きを読む

昭和47年の台風20号

昭和47年(1972)9月13日、台風20号により、県下で床上浸水1,344戸、床下浸水8,764戸、田の流失・埋没243ha、冠水2,676ha、畑... 続きを読む

昭和29年の台風5号

昭和29年(1954)8月16日~19日の台風14号により、県下の被害は死者4人、負傷者7人、家屋の全壊12戸、半壊8戸、流失1戸、床上浸水127戸、... 続きを読む

昭和38年の台風2号

昭和38年(1963)6月2日~4日、台風2号により前線が活発になり、香川県内でも、大雨のため各地で溜池の堤防決壊を生じた。坂出市府中町の野峯池の決壊... 続きを読む