昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県海陽町(海南町)
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、紀伊半島沖でM8.1の南海道大地震が発生した。浅川では地震発生後十数分しかたたないうちに、大津波が襲来した。このため、浅川の被害は死者85人、家屋の流失441戸、全壊364戸、田の流失埋没35町、浸水35町、畑の流失埋没13町、浸水20町、船舶の流失80隻、大破20隻などに達したほか、道路、橋梁、港湾等にも大きな被害が出た。本書には、浅川で南海地震津波を体験した人々の話や手記、及び村上仁士先生の津波に関する研究論文も掲載されている。
Googleマップ
備考
海陽町浅川出張所前には震災後50年南海道地震津波史碑が建立されている。
参考画像

参考文献
海南町編「南海地震津波の記録 宿命の浅川港」(海南町、1986年)、1-102頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
昭和南海地震 津波 死者 体験談
NO.
徳島222

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震に伴う津波により、牟岐町の被害は住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52人、重傷9人、船舶の流失91隻... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こり、津波が襲来した。高知県下の被害は、死者・行方不明679人、負傷者1,836人、家屋の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、M8.1の南海大地震が起こり、津波が襲来した。高知県下の被害は、死者・行方不明679人、負傷者1,836人、家屋の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時19分に発生した南海道地震及びそれに伴う津波により、牟岐町は安政の津波以来の災禍をこうむった。被害は、住家の... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日未明、南海道沖を震源とするM8.0の大地震が起こった。地震から10分余後に津波が襲来し、人々は愛宕山などに避難したが... 続きを読む