昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、M8.0の南海地震が発生した。当時の徳島市の地震・津波による被害は死者2人、負傷者5人、全壊23戸、半壊22戸、堤防決壊1箇所、船舶流失3隻、田畑冠水60町歩、木材流失500石に及んだ。(村上ほか「徳島の津波」歴史地震第6号による)本書には、昭和南海地震を体験された方々による体験談や体験者に対するアンケート調査結果が掲載されている。
Googleマップ
参考文献
日本建設コンサルタント編「昭和南海地震体験談に見る徳島市の姿と知恵」(徳島市消防局、2003年)、3-130頁
情報源の種類
災害記録、災害体験
キーワード
昭和南海地震 死者 津波 体験談 体験者アンケート調査
NO.
徳島236

よく似た災害

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起こった。この記録には、当時小学校5年生で昭和南海地震を体験した人が地震から学んだことなどが記されている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が起こった。この記録には、当時小学校5年生で昭和南海地震を体験した人が地震から学んだことなどが記されている... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日4時19分頃、M8.0の地震が発生した。阿南市橘町では、地震後約30分で津波の第一波が押し寄せ、その約20分後に津波... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日、南海道地震に伴う津波により、牟岐町の被害は住家の流失109戸、倒壊165戸、死者52人、重傷9人、船舶の流失91隻... 続きを読む

昭和21年の南海地震

image

昭和21年(1946)12月21日午前4時20分頃、地震が起こり、津波が襲来して原町、新町は全町浸水した。須崎駅辺りでは火災も起こった。この記録には、... 続きを読む