昭和21年の南海地震

災害年月日
1946年12月21日
市町村
愛媛県愛南町
災害種類
地震・津波  
概要
昭和21年(1946)12月21日午前4時19分、潮岬南方沖を震源としたM8.0の南海地震が発生した。南宇和郡では震度5の揺れとなり、まもなく津波が押し寄せた。津波による人的被害は無かったものの、御荘湾沿岸や深浦、岩水などでは浸水したところもあった。また、御荘湾など海岸一帯に護岸の亀裂や海岸線の沈下が起こった。この地震の影響で水の出なくなった井戸が数多くあった。深浦では、魚市場の仲買人組合事務所と農協の2階建て倉庫が倒壊した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
愛南町町史編纂委員会編「愛南町史」(愛南町、2018年)、482頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
昭和南海地震 津波 地盤沈下
NO.
愛媛9166

よく似た災害

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、潮岬南西を震源とした南海地震により、この地方でも震度5の揺れとなり、まもなく津波が押し寄せ、御荘湾の真珠筏に被害が出た。... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月、南海の大地震が起こった。地震は大きくなく、家屋等の被害は割合に少なかったが、海岸線の地盤沈下が70~80cmとひどかった... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)、南海地震により、詫間町の海岸線では60cmもの地盤沈下が起こった。 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、紀伊水道を震源とする南海地震が発生した。地震による大津波や地盤沈下などが起き、特に鳴門市域の塩田地帯では大きな被害... 続きを読む

昭和21年の南海地震

昭和21年(1946)12月21日、南海地震が発生し、津波が沿岸を襲った。この津波は、襲来時間が夜明け前であり、しかも満潮時と重なったため、かなりの被... 続きを読む