安政元年の地震

災害年月日
1854年00月00日
市町村
徳島県徳島市
災害種類
地震・津波  火災  
概要
安政元年(1854)、M8.4の南海地震により、徳島県下では甚大な被害を受けた。津波による被害は県南部沿岸地域の被害が顕著であったが、死者数は人口が集中していた徳島城周辺(現在の徳島市)が最も多かった。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史資料をもとに、地震被害(家屋倒壊、火災、津波被害)を抽出、再整理し、人的被害発生のメカニズムについて考察している。
Googleマップ
参考文献
大谷寛・村上仁士・上月康則「[講演要旨]安政南海地震における徳島市の被害」(歴史地震研究会編「歴史地震No.20」)、109頁
情報源の種類
学術論文、雑誌論文
キーワード
安政南海地震 死者 火災 津波
NO.
徳島333

よく似た災害

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)、M8.4の安政南海地震が発生した。この研究では、安政南海地震による徳島市の被害を記録した歴史史料をもとに、地震被害を抽出、再整理... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

安政元年(1854)11月5日、南海地震が発生し、津波が襲来した。高知県の被害は死者372人、家屋の流失3,818戸、焼失3,301戸等に及んだ。本書... 続きを読む

安政元年の南海地震

嘉永7年(1854)11月5日、安政南海地震が発生した。これまで安政南海地震による鳴門市周辺の被害実態は十分には明らかにされていなかったが、平成19年... 続きを読む

安政元年の南海地震

image

安政元年(1854)、南海地震が発生した。海陽町宍喰に現存する古文書「震潮記」には安政南海地震による約1年間に及ぶ余震の記録が残されている。この研究で... 続きを読む