文政6年の水論

災害年月日
1823年00月00日
市町村
愛媛県砥部町、松山市
災害種類
渇水  
概要
文政6年(1823)、松山領森松の百姓と大洲領麻生村の百姓が重信川原で水論。(「松山市史料集」、「松山市史」による)(伊予の水論〔水争い〕年表)
Googleマップ
参考文献
門田恭一郎「伊予における水論について(上)」(高須賀康生編「伊豫史談 第317号」伊豫史談会、2000年、所収)、34頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
水論 森松 麻生村 重信川 松山市史
NO.
愛媛1515

よく似た災害

宝暦12年の水論

宝暦12年(1762)、松山領森松村ほか24ヶ村(2千余人)と麻生村ほか2村(800人)との水論から乱闘となる。(「砥部町誌」等による)(伊予の水論〔... 続きを読む

明治42年の水論

明治42年(1909)、伊予郡上三谷と下三谷で水論、中村・森・本郡の百姓300人築分池に終結。(「伊豫市誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

天明5年の水論

image

天明5年(1785)、重信川の菖蒲堰の分水について、北方村と樋口外5ヶ村で水論。(「重信町誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

元禄16年の水論

元禄16年(1703)、伊予郡上・下麻生村と下5ヶ村で水論。(「砥部町誌」、「伊豫市誌」による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む

文政4年の水論

文政4年(1821)、宇和郡大江村と真土村で水論。(「伊豫史談」282号による)(伊予の水論〔水争い〕年表) 続きを読む