明治27年の水争い

災害年月日
1894年05月00日
市町村
徳島県阿南市(羽ノ浦町)
災害種類
渇水  
概要
明治27年(1894)5月から8月まで雨量が少なく、夏季に記録的な高温が続いたため、各地で水争いが生じた。那賀川北岸では、大井手用水の渇水がひどく、7月19日に千余名が舟路を開削すると称し、延長2,400mの川ざらえを行い、南岸の堰を掘り切った。このため、20日に両岸から600名がにらみ合い、激しい石合戦となり、負傷者数十名を出した。
Googleマップ
原資料
原資料PDF1を表示する
参考文献
小松島市史編纂委員会編「小松島市史 中巻」(小松島市、1981年)、519頁
情報源の種類
市町村史、郷土史
キーワード
干ばつ 水争い 那賀川 石合戦
NO.
徳島398

よく似た災害

明治29年の水争い

明治29年(1896)、梅雨明けから50日間も日照りが続き、那賀川北岸の農民たちは無断で那賀川から水を引いたため南岸の用水が不足し、警察が出動する水騒... 続きを読む

昭和9年の水争い

image

昭和9年(1934)夏、非常な日照りが続き、水不足のため宮古野堰を中心に、伊勢川川をはさんで田井村と森村の水争いが起きた。7月31日に田井・森両村長が... 続きを読む

明治27年の水争い

明治27年(1894)、大干ばつのため、7月19日午前1時頃、竹原堰の下流にある大井手堰の組合員千人余が舟路の浚渫という名目で、竹原堰を縦断して400... 続きを読む

明治5年の水争い

明治5年(1872)、金川村と三角寺村の間に水争いがあった。谷水が等分に流れるように置いていた分水石を切って流量を変えたため、水争いが起こった。(「惣... 続きを読む

明治26年の水争い

明治26年(1893)6月、干ばつが続いたため、伊勢川川下流の田井、宮古野などが分水の交渉を要求したが、上流の溜井、伊勢川は拒否した。そこで下流側は壮... 続きを読む