検索結果

29271件のアーカイブスが見つかりました。

条件:

年代順で並び替える : |

昭和38年の大雪

昭和38年(1963)1月7日から27日まで、八幡浜・西宇和・東宇和地方で空前の長期降雪が続き、積雪量は30cmに達し、農作物は大被害を受けた。夏柑は農家の除雪作業の効もなく19日間にわたる降雪と異常低温のため、落果、落葉など被害は甚大であった。保内町の夏柑の... 続きを読む

宝永4年の地震

宝永4年(1707)10月4日、宝永地震(M8.6)により、八幡浜市付近で被害。 続きを読む

明治6年の干ばつ

明治6年(1873)、大いに干し。挿苗不能のため、野村組は雨乞い千人踊を行う。(保内町誌による) 続きを読む

昭和33年の干ばつ

昭和33年(1958)、干ばつ。降水量は7月17.1ミリであった。(八幡浜観測所調による) 続きを読む

明治42年の台風

明治42年(1909)8月5日夜、川之石の漁船10隻82人が土佐沖に出漁中、台風による激しい風波のため船は全滅し、死者37人を出した。この時以来、土佐沖への出漁は次第に衰えていった。(保内町誌による) 続きを読む

昭和25年のキジア台風

昭和25年(1950)9月、キジア台風により、南宇和郡各町村では農作物や家屋に多くの被害を受け、食糧不足に悩まされた。 続きを読む

昭和55年の大雪

昭和55年(1980)12月25日から1月3日にわたり大雪。南予の積雪37cmを超える。(松山気象台資料による) 続きを読む

明治9年の暴風雨

明治9年(1876)9月13日、暴風雨により、水害が発生。家屋流出18戸。(国土交通省ホームページによる) 続きを読む

昭和18年7月・9月の台風

昭和18年(1943)7月22日~24日、台風により、南予北部の八幡浜市などは猛烈な集中豪雨に見舞われた。戦争中のため、無計画な森林伐採や、銅山の廃棄鉱石の放置によって荒れていた山々が集中豪雨によって地すべりを起こし、河川は決壊し、田畑や家屋が流されたり冠水し... 続きを読む

昭和45年の台風10号

昭和45年(1970)8月21日、台風10号により、降水量が6時間で150ミリ(保内町役場測定)に達した。高潮と暴風雨のため被害が出た。(旧八幡浜市誌、保内町誌、宇和島測候所の記録による) 続きを読む

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 2,928